【海外の反応】ティエム覚醒か?マレーを下して決勝進出 バルセロナ・オープン準決勝

  • 2017/4/30
  • 3

ティエムがマレーを打ち倒す バルセロナの決勝はティエムが進出

テニスのバルセロナ・オープン男子シングルス準決勝が行われ、NextGen筆頭の1人であるドミニク・ティエム(オーストリア)が世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)に勝利し、決勝進出を決めた

スコアは 6-2, 3-6, 6-4 だった

マレーは肘の負傷からの復帰戦となったが、ティエムの隙のないプレーに突破口を見いだせないままだった

via:http://www.atpworldtour.com/en/news/barcelona-2017-saturday-thiem-murray

海外の反応

今大会ではずっと調子が良かったから勝てるだろうと思ってたけど、ティエムはホントにいいプレーをした。

アンディもなんとかストレート敗けだけは避けたが、特にサーブの不安定さからティエムを苦しめるには至らなかったね。

アンディは肘の怪我から復帰して以来、このクレーシーズンではプレーが安定してない。休息を取ってからサーブの改善に取り組まないとね。

マレーのドロップショットは冴えてたけどね。全仏までたどり着けるなら脅威になるだろう。

マレーの問題はサーブだったけど、それも全仏までの時間とともに良くなるだろう。フォアハンドは不安定だったね。

ファーストサーブの成功率がマレーは70%でティエムは49%だったのに、それでもマレーの得点率はたった52%だった。それがマレーの敗因だよ。

エースもマレーは1つだけだったけどティエムは6つだったしね。

クレーではサーブはそこまで問題にならない。クレーで強い選手を見てごらんよ、例えばラファはベスト・サーバーではない。クレーでは球は遅いし、マレーはディフェンシブになりすぎた。

マレーはクレーで勝つ資質はあるけど、生まれながらのクレープレイヤーではないようだね。

結果から判断するとマレーの調子はピーク時には程遠いようだけど、近づいてはいるね。

マレーはドバイ以降、準決勝が精一杯だ。Fedalの流れに逆らえていない。

マレーは今年が終わる頃には1位じゃなくなってるだろうね。

誰もマレーを怖がらないよ。最も1位に相応しくないのがマレーだ。

マレーの1位はただのラッキーだから。ビッグ3が不在か絶不調っていう幸運が重なったんだ。

選手を貶めるのもたいがいにしておきなね。

ティエムがGSやクレーのマスターズで優勝するのは時間の問題だ。

最近のマレーはますます傲慢になってる。ポイントを失えば雄叫びを上げ、若手の手本になってない。

その通りだ。最近の態度は以前にも増して気に入らない。しかも、それでナイトを名乗ってるわけだからね。誰の手本にもなりゃしない。

大人になれよ。マレーは傲慢じゃないよ、少なくともノバクほどはね。そして、マレーは怪我したフリなんかしない、ノバクと違ってね。

今年が始まった頃は2017年もアンディがトップの年になると言った。アンディが獲ったタイトルはドバイだけだ。

ビッグ4に代わる若手が台頭してくるのは嬉しいことだ。

ナダルやフェデラーに代わる選手なんていない。分かれよ。

ナダルもフェデラーも間違いなくGOATだ。だけど、どんな選手も年齢というファクターによって衰える時が来る。例外はないんだよ。

それでも優勝はナダルだろうな。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:テイエム : 投稿日:2017/04/30(日) 19:51:05 ID:UzOTA2Mzg

    オペラオー

    (0) (0)
  2. 名前: : 投稿日:2017/04/30(日) 20:16:02 ID:Q2Nzk5OTU

    ひどいなここのコメントは。選手を批判することしかできないのか。

    (2) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 23:06:09 ID:QzOTc0MzQ

    マレーは初戦が相手の棄権で事実上対ティエムは二戦目であり段々調子を上げていくタイプのマレーがいきなり土では安定しているティエムと当たってしまったがために起こったことだと思う
    とはいえ怪我で休み明けのモンテカルロから状態がこれといって大して良くなってないしもしかしたらモンテカルロもバルセロナも休むべきだったかもしれないな

    (0) (0)

コメントをどうぞ