【海外の反応】シャラポワがシュツットガルトでいよいよ復帰 テニス界からは戸惑いの声も? 

  • 2017/4/27
  • 0

シュツットガルトでのシャラポワの復帰で戸惑うテニス界

女子テニスのWTAで禁止薬物の仕様で出場停止処分を受けていたマリア・シャラポワ(ロシア)が今月、シュツットガルトで開かれる大会にワイルドカードで復帰することが決まっている

謹慎期間終了と同時にツアー復帰という知らせに戸惑いの声が少なくないようである

特に地元ドイツでは、ワイルドカードで他国の選手であるシャラポワが出場することに懸念を表明する現役選手の声も挙がっており、早くも波乱の予感が渦巻いているようだ

via:https://www.theguardian.com/sport/blog/2017/apr/25/maria-sharapova-stuttgart-tennis-roberta-vinci

海外の反応

via:tt.tennis-warehouse.com

シャラポワの名前はテニス史上最大にビッグネームだ。出場停止になった選手としても最大のビッグネームであり、これだけの選手が出場停止となった期間としても最長レベルだ。ファンがシャラポワの復帰をどう感じていて、どうリアクションするのかに興味がある。ぜひ聞きたい。

僕はファンじゃないから黙っておこう。ファンの声を待ってみようか。

彼女に相応しくない拍手で迎えられると思う。

WTAは退屈だから、シャラポワの復帰を心待ちにしてるんだよ。

WTAがまた騒がしくなってきそうだ。僕の住んでるカナダでは、スポーツ番組がWTAの放送から完全に撤退したよ。今でも観られるのはATPとグランドスラムだけだね。

ウィンブルドンと全仏までは特に影響でなさそうだよね。ATPがあるから。

謹慎中にスポンサーを降りたのはタグ・ホイヤーだけだったんだよね。シャラポワは謹慎中もスポンサー対応には熱心だった。

謹慎中もシャラポワは重要性から言えば最上位に位置してきた。むしろ有意義な期間を過ごしてた。

ネームバリューは変わらないよな。

僕が間違えていなければ、シャラポワとセリーナは女子テニス界の2大ビッグネームだ。スポンサーにとってはチケットを売るのに最高の名前なのさ。

心からシャラポワを迎えるよ。史上最も美しいテニスプレイヤーだし。彼女は出場停止にされる謂れはなかった、WTAはシャラポワなしではなんともならない。

”ビューティフル”以上の呼び名を享受する必要がないからね、そのために勝ちまくる必要もないわけだ。多くの人が支持するシャラポワの人気・名声・関心となれば、現状維持で足りるんだし。

来るグランドスラムを彼女がどう乗り越えていくか、それを見るのが楽しみだ。

ファンがシャラポワを傷つけたとしても、いつだってロッカールームに走って行って泣けばいいんだもんね。

シャラポワの復帰は色んな意味でワクワクする。
シャラポワがGSで優勝したら、ファンやメディア、他のテニス選手はどういうリアクションをするのか?
観客の一部でもトロフィーを掲げたシャラポワにブーイングするかな?たぶんしないだろうね・・・。
シャラポワがトップに返り咲くモチベーションがどれだけあるのか、そしてどれだけやれるのか?

テニスというゲームの整合性を保つためには、シャラポワを少しは追いやることも必要なのかな。特にワイルドカードっていう形でビッグイベントでの復帰を約束されてしまったことだし。

ブーイングと拍手の入り混じったお出迎えになるんじゃない?もし僕が観客ならどっちもしないけど。

シャラポワにはテニスで喋らせたいよね。

シャラポワのしたことは好きになれないけど、組織が復帰を許可したわけだからね。

シャラポワを批判してる選手がシャラポワに敗けるところを見るのは悪くないけど、シャラポワがいとも簡単にテニスで相手をねじ伏せるところを見るのも悪くない。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ