【海外の反応】「ズバ抜けたスター性」A・ズべレフが初ベスト16 折ったラケットを少年にプレゼント マイアミオープン

  • 2017/3/29
  • 2

初の16強入り果たしたズべレフ 折ったラケットを子供にプレゼント

27日、テニスのマイアミ・オープン男子シングルス3回戦が行われ、第18シードのジョン・イズナー(アメリカ)との2時間38分にわたる死闘を制したアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が自身初となる本大会ベスト16入りを果たした。

スコアは6-7 (5-7), 7-6 (9-7), 7-6 (7-5)だった。

試合終了後、ズベレフは自身が第1セットで破壊したラケットを手に観客席へ走り、試合を観戦していた少年にラケットをプレゼントした。ラケットを受け取った少年は一緒に来ていた父親と抱き合って大喜びした。

via:https://twitter.com/TennisTV/status/846508023958945797 http://news.tennis365.net/news/today/201703/113842.html

海外の反応

素晴らしいファンサービス。ラケットを破壊してなかったらもっと素晴らしかったけど。

この人はよく折る人だね。

サーシャはおこりんぼう。

このラケットは唯一無二のもの。
ノーマルなラケットよりずっとストーリーを感じるよ。

この親子の喜び方が素朴でかわいすぎる。

ラケット破壊は嫌いだけど、この行いはとっても素敵。

壊れてるのもらって嬉しいの?

壊れてないのよりずっと嬉しいさ!

なんて素敵な光景!

可愛い少年。

壊さないで使えるラケットをあげればよかったのに。

サーシャかっこいいぞ!

ナダルに「未来のナンバー1」と言わしめた男だ。

ネガティブな事がポジティブな事に変換された瞬間!

子供にこんなゴミ同然のラケットを与えるな。

サーシャ:「折ったラケットいっぱいあるからもらってくれる?」
少年:「うん、いいよ。」

忘れられない思い出になるね!おめでとう!少年!

サーシャはティエムよりすごくなるかもしれないな。

フェデラーとナダルの時代が去ったら、キリオスとサーシャの時代が来る。
この若者2人はもっと人間的に成熟する必要がある。

サーシャ、やることにスター性を感じるわ。若手の中でもズバ抜けてる。

よく頑張った!

まさに激闘だったね。

イズナーはホームでいいとこ見せたかったのにね。

かっこよかったよ、ズべレフ。
死に物狂いでよく戦った。

人差し指を立てるのがお決まりのポーズになった。

トレードマーク。

すでにトレードマークがあるなんてやっぱスターだ。

中身ではイズナーが勝ってたからこの結果はちょっと残念。

おめでとう!初ベスト16!

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/30(木) 03:11:59 ID:ExMzczMjk

    そもそも自分が折ったラケットを上げるって
    日本じゃ失礼にあたるから
    どうせなら新しいのやれよ、って思うけど
    貰った子供が幸せで親も怒ってないのならそれでいいのかな?w

    (0) (3)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/30(木) 09:50:40 ID:EyMDM0Njg

      なんでいちいち日本の基準で見るんだよ

      (0) (0)

コメントをどうぞ