海外テニスファン「サーブ&ボレーだ!」ミーシャはどのようにマレーを攻略したのか?全豪オープン

  • 2017/1/24
  • 2

ズベレフには対マレーの作戦があった。そしてそれは奏効した。

テニス全豪オープン男子シングルス4回戦でアンディ・マレー(イギリス)を破ったミーシャ・ズベレフ(ドイツ)の試合運で、ミーシャがその作戦について語った

vsマレー戦において、マレーのリズムを崩すことを念頭に置きボレーとスライスを多用することが作戦の骨子だったと述べた

「プランBはなかった。上手く行かなければどうしようもないことになっていただろう。」と一か八かの作戦であったことも付け加えていた

via:http://www.atpworldtour.com/en/news/zverev-reaction-australian-open-2017-4r

海外の反応

「どうやったのか覚えてない感もある」

ミーシャのネットプレーでの得点は実に118ポイントだった。マレーとしてみれば下位のプレイヤーにこういうやり方をされるのは常だったろうに何もできなかった。マレーのウィナーが71でアンフォーストエラーが28だったことを考えれば、ミーシャが如何にプレッシャーをかけ続けていたか分かる。

非常に高度なレベルのテニスをしなくちゃいけない時にミーシャはそれをやってのけた。マレーと違ってね。

サーブ&ボレーの試合がまた見られたことを嬉しく思うよ。サーブ&ボレーvsベースライナーの試合が最も白熱すると思ってるから。サンプラスvsアガシがそうだった、僕の大好きなビッグゲームだったよ。

マレーは非常に単調なプレーしかできなかったね。ベースラインから自分のプレーを組み立てられなかった。

今やなかなか見なくなったサーブ&ボレーだった。見ていて面白かったよ。

マレー相手に約120のネットポイントだ。ミーシャは作戦も準備も万端だった。

あのプレーができればミーシャはナダルよりフェデラーより優れてる。

ボレーもサーブも確かに良かった。だけどリターンだって素晴らしかったぞ!

まるでサンプラスのようだ。あらゆる対戦相手を苦しめるプレースタイルだった。

ハイライト観たけどあのミーシャは止めようがなかったな・・・。

そこまで真剣に対マレーの作戦を練っていたとは。

ミーシャのおかげで全員に優勝の可能性が出てきた!

その作戦はロジャーには通用しない!

これでベースラインゲームの時代が終わることを願ってる。

サーブ&ボレーがテニスを救う。ありがとうミーシャ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/24(火) 11:20:57 ID:Q1NTkxNDM

    俺はストローク主体時代のままがいいな。ビック4が引退した瞬間にSV時代が来そうだけどw

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/24(火) 19:24:31 ID:Q2NDI2MTc

    ボッコボッコやった
    やっぱ錦織は強かったな

    (7) (0)

コメントをどうぞ