【ツイート多数+動画】ジョコビッチ敗退で大波乱!テニスファン「デニスって誰?!」全豪オープン2回戦

  • 2017/1/20
  • 3

イストミン「これがどれだけ大きなことを意味することか」

テニス全豪オープン男子シングルス2回戦が行われ、全豪6度の優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランキング117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)にフルセットの末に敗れるという大波乱が起こった

スコアは6-7(8-10), 7-5, 6-2, 6-7(5-7), 4-6だった

デニスのATP自己最高ランキングは2012年の33位である

なお、試合時間は4時間48分だった

via:http://www.atpworldtour.com/en/news/djokovic-istomin-australian-open-2017-thursday

海外の反応

ジョコビッチの試合後の会見
※訳
勝てないと決めつけて試合に臨む選手などいない。デニスは大事な場面で臆することもなかった。大舞台での経験は多くない選手だけど、大事な瞬間に必要とされるタイミングで全身全霊でプレーした。彼が私より良いプレーをしたということだ。

デニスの試合後のインタビュー
ーここにいる大多数がこの結果に驚いていることと思う。この記録を前にしてどう思う?
(デニス)まず、ノバクに申し訳なく思うよ。(照れた様子で)僕のプレーはすごく良かったから。僕自身、こんなに良いプレーが出来たことに驚いてるよ。僕のチームと母親に感謝したい。よくやってくれた。(観客に向かって)そして、みんなどうもありがとう。ものすごく興奮してるよ、どうしたら良いか分からないや。とにかく、多くのサポートをありがとう。
ー(第1セットで1時間かかったことについて)フィジカル面ではどうだった?
(デニス)タフだった。第3セット以降で足がつってしまって。どうしたら良いかわからなかったけど・・・僕はフィジカル的にはごく普通だから・・・
ー普通以上に見えるけどね?(笑)ノバクには悪いけど、本当に素晴らしいプレーだった。この勝利が君のキャリアにおいてどう影響してくるかな?
(デニス)本当に大きな勝利だ。数多くいる優秀なプレイヤー達と同じレベルまで行けると信じてる。

イストミンのキャリア史上最大の勝利だ。信じられない。

イストミンはワイルドカードだよな。早くもアップセットが起こったか。

via:www.facebook.com

笑わせてやるなって。この2人も次あたりで敗けるんだから。

ノバクがフェデラーのGS優勝記録を超えるとか言ってるファンがいたな(笑)。

ユーモアが分かってる写真だ。

ジョコビッチは引退するわけじゃないだろ、このアホめ。

ジョコのGSタイトルは昨年の全仏で最後だ。

嫌味な連中が湧いてるな。

フェデラーファンとして言わせてもらう。フェデラー、ナダル、そしてジョコビッチはいずれもレジェンドだ、敬意を払え。レジェンドは死なない。

一躍有名になったな。

2008年のタイトル獲得以来、最速での敗退。

「デニスのプレーが踏ん張り時により優れていた。彼のプレーは勝利に相応しいものだった。」

「ディフェンディングチャンピオンのノバクが敗退。」

「こんなことになるなんて信じられない。デニスがノバクをK.O.だ。なんて勝利だ。」

ジョコビッチ「対戦相手を見くびるなんてことを僕はしない。どこでプレーしようと、ね。」

Stan "the man" に続いて、Denis "the menace"の誕生だ。

ジョコビッチ「デニスには脱帽だ。」

ちなみに、デニスの母親はコーチでもある。勝利と同時に彼女も歓喜の雄叫びをあげてた。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/20(金) 10:06:02 ID:c1NjM2MTQ

    イストミンとセッピは過小評価されてる選手の中でも白眉
    でもその過小評価してる人の中には、実は彼等自身も含まれてるんだろうなと
    もう一つどこかで自分を信じることができればトップ20の住人になることだって不可能じゃない素材だと思う

    ちなみに上位互換はベルディヒ

    (5) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/20(金) 10:51:38 ID:IxNDI2ODg

      空気はWB準優勝、ランキング最高4位だから格が違う。馬鹿にするな笑笑笑

      (1) (7)
      • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/21(土) 10:37:02 ID:I4MTk4ODU

        おまえ・・・そういうことちゃうねん

        (1) (0)

コメントをどうぞ