【海外の反応】決勝はセレーナ・ウィリアムズVSアンゲリク・ケルバーに!ウィンブルドン女子シングルス

  • 2016/7/9
  • 0

セレーナ ウィリアムズ記録破りの準決勝でエレーナ べス二ナに圧倒的勝利

前年優勝者アメリカのセレーナ ウィリアムズ(34)は土曜日に行われる女子シングル決勝で ドイツのアンゲリク ケルバー(28)と対戦する。

via:http://www.bbc.com/sport/tennis/36737114

海外の反応

ステファン グラフを彷彿とするセレーナと今年初めの全豪オープンでのアンゲリク ケルバー、両者の健闘を祈る。セレーナがんばれ。

決勝にビーナスがいないのが残念だ。姉妹の中で彼女は天性のプレイヤーだ。

男女の賃金格差論は終わってんじゃない。経済学者の何人かは、男女間の賃金格差は総出来高による違いのためだと言っている。女性は低賃金の仕事を選びがちだ。だから、稼ぎが少なくなることは驚くべきことじゃない。必然として、この手の話しは女性のためになり得ない。

言葉に気を付けて言いますが。プロの仕事について。私は大企業に長く勤めて来ましたが、なぜかまったく同じ仕事をしているにも関わらず女性よりも男性の方が稼ぎが良いかったです。世の中には不公平がたくさんある。もし女子テニス選手が同等の稼ぎであったら多くのクレイマーを怒らせる。そのエネルギーをもっと重要なことに費やしてほしい。

マリン チリッチはセレーナ ウィリアムズよりも厳しく長い時間走り続け、よりエンターテイメントを見せてくれた。にも関わらず、彼女よりも賞金が少なくなるだろう。彼は敗北を受け入れふてくされた様子を見せなかった。土曜日の試合は忍耐強く観戦できることを祈る。

わたちが女子テニスをできるだけ楽しもうとしていることは、たいていはセレーナの一方的な試合でときどきミスをしての失敗だったりする。2016決勝はだれが勝とうと有終の美で終わることを望む。

女子も男子と同じグランドスラムの試合量をすべきだ。彼女らはある特定のランクにいるなら少ないトーナメントをプレーすることになっている。シード資格なしでトーナメントに参加するためにその地位を維持しなければならない。たった3セットしかプレーしないなんてまるで飛行機代やホテル代を40%値引きされているようなもんじゃないか。

おそらくセレーナは男子選手よりも早く、強いサーブを打てる。ほどんどの男子選手は結局長い時間コートを動き回ることが出来ない。彼女は長く走り回らないということで女子テニス界において成功している。

スポーツという仮定においてのプロとは常に宣伝効果が基本の報酬とされている。男子スポーツがより大きな報酬を引き寄せることがその理由である。ここで指摘すべきことは、テニスが正当なルールでないスポーツの1つであると思われることだ。そしてそのことは等しい支払いが平等性になると思われるペテンを作りだしている。明らかに反対のことなのに。

平等な支払いについて。。女性はより短い労働時間において男性と同じように支払われている。このことは医者や教師、警察など他の職業では起こり得ない。女子テニスファンとして言います。すべてのことがあらゆるところで平等。それって私にはちょっと変な気がします。

クレイマーいっぱいいるね。誰が女子テニス選手の稼ぎ気にしてるのかな。スポーツはエンターテインメントでしょ。需要が報酬を決めるんだし。マラソンランナーはウサイン ボルトより多く支払いを受けるべきなのか?役者はスクリーンに登場している時間数によって支払いが決まるのか? 実際的に、すべての他の職業で男性は同じ仕事をしている女性よりも多く稼いでいる。女子テニス選手に幸運を言いたい。

一日センターコートで過ごして、道の向こうのセリーナを見るかぎり、決勝で彼女が負けることは考えられない。

数年前、トーナメントに参加するフェデラーのコストが10万ドルであると指摘した選手がいた。グランドスラム優勝者が10万ドル費やすことと、勝負に負けて彼らがランクを失うことが同等の価値であるかどうかが焦点である。

実際、同等の支払いについて考えるのは難しいことではない。世界ランクトップ100以内の選手はみなトーナメントを十分に戦うためにホテル代や飛行機代が同じ額だけ掛かります。しかし、より高いランクにいる選手はより良い待遇を受けられるでしょう。それらは女性だから安くなるわけじゃない。

女子の試合も5セットにしたらどうなるかな?結局、故障や負傷で。ちょっと待ってって感じかな。

たった48分間のグランドスラムの準決勝で同等の報酬が保証されるって。どういうこと?

何人かの女子選手が言及している記事を読んだ。ラドワンスカやシャラポワなどその周辺の選手たちはみな女性として女性らしくいたいのでウエィトトレーニングはしないと言っていた。とてもショックである。男子選手の状態を見なさい。そしてセレーナが今とても有力なことも明らかなことだ。女性らしさの犠牲を意識している女性は単に重量のことだけを取り上げる。

サッカーをスポーツとして考えているにも関わらす、選手の給料は需要と供給の経済ルールに従っている。テニスで女子に対し過剰に支払われていると感じるのはまったく同じ根拠である。女子テニスは需要が低く、供給する質も低い。だから需要が高く供給する質も高い男子テニスと同じ生産高であろう。

それは土曜に解決するかどうかだ。一でも二でも三でも四でもなく五だ。 これいつ終わるの?

ケルバーが辛勝すると思う。すごい決勝戦になるといいな。ステファン グラフは私にとって偉大な女子選手だった。

女子テニスの質や報酬についてたくさんの否定的なコメントがあるけど、おそらくサッカーに対してケチをつけるコメントはどこにもないよね。。もしあなたの近くの会場で8月に始まる不当な貧しいスポーツについてコメントしたいなら。。

トーナメントの75%に対して同等の支払いがされている。それは正しい。しかしそれが互角であることと混同するべきではない。男子の試合は女子の試合よりも宣伝効果があるからだ。性別の違いがどのように機能しているかに関わらず、彼らに同額支払うことはまったく不平等になる。真に対等ということは男性と女性がお互い試合をすることだろう。それがどいうことになるかはわかるよね。

もうこれ以上ドイツに勝ってほしくない。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ