海外「大坂なおみの世界1位が見えてきた!」ストレート勝利でベスト4進出 優勝で世界No.1確定 全豪OP

  • 2019/1/23
  • 5

オーサカがスビトリナをパワーで退け全豪ベスト4の座を獲得

テニスの全豪オープン女子シングルス準々決勝が行われ、日本の大坂なおみがエリナ・スビトリナ(ウクライナ)にストレートで勝利し、ベスト4進出を決めた

スコアは 6-4, 6-1 だった

今回の勝利により、世界ランキング1位が視野に入ってきたことになる

準決勝の相手はカロリーナ・プリスコバ(チェコ)の予定だ

via:https://www.wtatennis.com/news/it-happened-osaka-powers-through-svitolina-snag-australian-open-semi-spot

海外の反応

エリナにはよくやったと言いたい。ベスト4を逃したけど、この相手ならしかたない。

ナオミの試合は、いつも次を期待させてくれる。

スビトリナはまたグランドスラムでの4強を逃したな。

でかい舞台ではいつもメンタル面の弱さが露呈する。おまけにパワープレイヤーにはすこぶる弱い。

グランドスラムで優勝するのは想像できないね。

トップ10も難しいよ。

女王とナオミの対決がまた見たかったなぁ。できれば女王に意地を見せてもらいたかった。

ナオミのプレーも万全とはいかなかったが、できることをしっかりやっていた。

ナオミの昨年の勢いがそのままスコアに現れている。

ナオミがついに1位になる日がやってきた。

このナオミのプレーに対して、エリナには対抗できるだけの武器はなかった。

エリナの唯一の持ち味はフットワークだが、このオーサカ相手ではボールを追いかけ回すのがやっとだった。

2人の間にはスコア以上の差があった。僕が思うに、ナオミはあと2段階はギアを上げられただろうから。

ナオミはファーストセットをとるとまず負けないな。ファーストセットをとって負けたのは2016年の天津が最後だ。

「ここは暑いから早くロッカールームに帰りたい」なんてインタビューで答えちゃうあたり、さすがナオミ!

グランドスラムのベスト4に入るために、ナオミはベストのプレーを必要としていないらしい。

ナオミを見てると若いセリーナを見ているようだ。特にあのサーブは。

エリナはファーストセットを獲るチャンスはあったと思うけど、それにはサーブが足りなかった。

ナオミのウィナーが17ゲームで31とは・・・。

アンフォーストエラーが多くてもここまでのプレーができちゃうんだから。レベルが違う。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/01/23(水) 22:09:30 ID:gwMDExMTc

    若い時なら姉のほうが近いと思うが。

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/01/23(水) 22:24:16 ID:I3Njg0MjM

    スピードスケートの選手だった母親譲りの強い脚
    父親譲りの高身長
    素晴らしい

    (1) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/01/24(木) 00:01:31 ID:M0NTQxMDE

    TVで見ると、なぜかそれほど高身長にはみえないな
    日本人ぽい体型だからかな

    (2) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/01/24(木) 10:54:49 ID:k5NjYwODU

    大坂なおみから猛虎魂を感じる

    (0) (1)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/01/24(木) 21:49:43 ID:AxMjMzNjg

    スビトリーナ 174cm
    大坂なおみ 180 cm
    プリスコバ 186 cm
    みんなデカイ~ \(^o^)/

    (1) (0)

コメントをどうぞ