海外「紀平梨花は無限大の可能性を秘めている!」逆転優勝しGPファイナル初進出へ フランス杯 動画あり

  • 2018/11/27
  • 3

紀平梨花、逆転優勝を成し遂げる

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯最終日(24日、グルノーブル)女子フリーで、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は合計205・92点で逆転優勝し、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日、バンクーバー)初進出を決めた。首位の三原舞依(19)=シスメックス=は202・81点で2位、4位の本田真凜(17)=JAL=は188・61点で6位だった。3位のエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=は192・81点で4位だった。

via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000507-sanspo-spo

海外の反応

フィギュアスケートをこんなに面白いと思ったことはないよ。彼女はなんてファイターなんだ!

もし彼女がグランプリファイナルで完璧なスケートをすれば、ザギトワにも確実に勝てるだろうね。彼女のトリプルアクセルは浅田真央以来最も洗練されたトリプルアクセルだよ。テクニックもあって、音楽性と芸術的才能も兼ね揃えている。彼女を含め、今年シニアデビューした選手達は要チェックだね。山下 真瑚は素晴らしい3回転ルッツを持ってるし、本田 真凜もとても優れたアーティスト。どの選手も成功を祈ってるよ!

素晴らしいね!美しいプログラム、そして彼女も完璧にそれを演出している

彼女が次に目指すゴールはグランプリファイナルのチャンピオンだ!

それはないだろうね。アリナやリサには敵わないよ。

残念ながらそれは違うね。もし梨花が完璧なスケートをしたらアリナは彼女に勝てないよ

シニアデビューして最初のシーズンだっていうのに彼女凄いね!なんて才能のある子なんだ!

彼女がグランプリファイナルで勝つ可能性は高いよ!

トリプルアクセルなしで優勝しちゃうなんて!

彼女もこのプログラムも大好き!最初の頃の浅田以来、一番の日本人スケーターだ。頑張れ、リカ!

彼女には何回も感動して涙目にさせられたよ。彼女の集中力はヨナを思い出させるね。2人はスケートスタイルやテクニックの面では違うけれど、2人の演技からもらう感動は全く一緒だよ。

彼女は最後、印象を与えるためにもっと長くポーズをとった方がいいと思う。

よくやった、リカ!次はグランプリファイナルだ!

彼女が4年後金メダルを手にするのが待ちきれないよ

NHK程ではなかったが、それでもやっぱりリカのスケートは素晴らしいね!一回目のトリプルアクセルの着氷が乱れて、2回目トリプルをしなかったのはとても賢い判断だったと思う。

リカのパフォーマンスは素晴らしかった。見ていてとても楽しかったよ

3人も女子日本人スケーターがグランプリファイナルに出場するのは8年ぶりのようだね。2010年に村上 佳菜子、鈴木 明子と安藤 美姫が出場し、今年は紀平 梨花、宮原 知子と坂本 花織。

リカはシニアデビューした、たったの15歳だっていうのに無限の可能性を秘めているね。

リカ、グランプリファイナルを見たいと思うきっかけをくれてありがとう!君は輝かしいエレガントなスケーターだよ

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/11/27(火) 16:25:51 ID:c4MjQ4Nzk

    ファイナルに男女で5人日本人とか、ヨーロッパの白人達はさぞかしキモがってるだろうな
    日本人を締め出そうとルール変更したが「短足低重心有利」のフィギュアでは日本人無双、効き目がなかったwww

    (0) (3)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/11/27(火) 18:05:55 ID:Y3NzU4MjU

    よかったね
    生活保護のチョンさん

    (0) (1)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/11/30(金) 04:41:12 ID:c3MjYxNzI

    ルール変更してジャンプの基礎点下げて出来栄え点上げたけど効果無かったもうヨーロッパでは客入らないしスポンサーも8割日本企業日本時間のゴールデンタイムに演技時間合わせる始末

    (0) (0)

コメントをどうぞ