海外「大谷翔平の復帰は2020年」着実な復調に見えるも迫るトミージョーンズの可能性 MLB

  • 2018/7/21
  • 5

大谷翔平、ピッチング開始へ視界良好、野球界にとって好材料

野球のMLBでエンジェルス所属の大谷翔平がいよいよピッチャーとして復帰する目処が立ってきたと報じられた

大谷はトミージョーンズ手術に代わりPRP(多血小板血漿)注射を実施していた

同処置は日本の田中将大が受けていたことで知られている

via:https://www.sbnation.com/mlb/2018/7/20/17594856/shohei-ohtani-angels-elbow-injury-update-throwing

海外の反応

オオタニ復帰か、シーズン半分のところでこの上ないニュースだ。

エンジェルスは後半戦に向けて力強いスタートが必要なんだ!

タナカが受けたのと同じ処置だな。その記事も読んだわ。

多血小板血漿注射ね。いきなりトミージョーンズより賢い選択だと思う。

トミージョーンズを受ければいいって言うのは簡単なんだけど、そうなると復帰が2020年になっちゃうからなぁ。

どちらにせよ輝かしい未来が待ってるのは間違いないポテンシャルだと思うけどね。

タナカはスプリットで肘を壊したからな。オオタニとはちょっと違う。

シンカーとかスライダーとか生きる道を見つけられたから、ポテンシャルがある選手にはいくつものやり方があるものだ。

回復に要する時間を考えたら、今後トミージョーンズを受けるにせよ、完全復活は2020年になると思う。今復帰したとしてもね。

まだ腕の準備が不十分だろう。今焦って復帰しなくてもいい。

ブルペンに立たなくてもチームの戦力として数えられる段階だから、焦ることないよな。

オオタニのスプリットに磨きがかかってリリーフとしての登板として、DHとすれば一番理想じゃない?

エンジェルスはオオタニ復帰を急がせすぎ。

マウンド復帰を急ぐな、オオタニ。

せっかくPRP注射したんだ、時間をかけないと。

今すぐにせよシーズン終了後にせよトミージョーンズを受ける可能性はある。回復までの期間を考慮すれば2020年復帰になる。

トレードの噂もあながち否定できない。

トミージョーンズはリスキーすぎる。

手術以前に肘の怪我はキャリアに関わることだろ?

このまま復帰できるかは不透明だね。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/22(日) 00:04:49 ID:M2ODU4NTY

    Tommy John Surgeryはトミージョーンズとは発音しないと思いますが

    (2) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/22(日) 05:30:12 ID:U0NzUzMDI

    最近あんまり話題聞かないなーと思ってたらもうぶっ壊れてたのか

    (0) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/22(日) 06:37:47 ID:MzNjc3OTU

    2020年て、そんな先の不透明な予測が復帰と言えるのか

    (0) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/22(日) 08:24:52 ID:k2ODgxOTY

    トミージョンとリハビリの実績は腐るほどあるんだから不透明でもなんでもない
    下らんケチばっか付けるなよ

    (0) (0)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/22(日) 10:54:05 ID:gyMzE4NTQ

    大谷の場合は、トミーリージョーンズの経過が悪くても打者としての価値がある

    (0) (0)

コメントをどうぞ