海外「コーチ陣、日大が責任を持つ必要がある」日大悪質タックル問題を外国人はどう考えるのか

  • 2018/5/24
  • 3

監督から相手チームのクオーターバックを潰せと指示

日本大学のアメリカンフットボール選手、宮川泰介選手が監督から「相手のクオーターバックを潰せ」と指示を受けたことが世間を騒がせている。
宮川泰介選手は記者会見にて5月6日の関西学院大学相手の試合中に起きた出来事は内田前監督の指示に従った結果と説明した。タックルを受けた相手選手は病院で治療中だという。内田前監督は謹慎する考えを表したが、宮川選手への指示については言及しなかった。

via:https://japantoday.com/category/sports/American-football-player-says-coach-ordered-him-to-injure-opposing-quarterback

海外の反応

元選手として言わせてもらうと、相手にタックルできるのは事実だけど、危険なタックルは許容範囲外だし、こういう行為って普通は競技の規則に沿って裁かれるもの。だからここで警察が関わってくるのはどうかと思う。アメリカンフットボール協会とかが取り扱う問題なんじゃないかな。

コンタクトスポーツだし相手との強い接触があるのは全然悪いことではないけれど、ボールとは無関係なところで起きるものは話が違う。

こういう卑怯な行為はスポーツマンシップがない人だけができること。彼の言う通り、この少年はもうアメフトから離れたほうがいい。

脅したコーチ陣に立ち向かうなんて宮川選手は勇気があるね。

こういうことが表に出ることはいいことだよね。たくさんの人がこれは氷山の一角っていうことに気づいたんじゃないかな。

日大は守る人を完全に間違っているよ。

この選手もコーチ陣もスポーツの世界から追放させるべきだよ。彼らのとった行動で相手選手は車椅子どころか、死んでいたかもしれないんだから。

彼がとった行動はとても立派だと思った。この謝罪会見は彼にとっていいスタートになったんじゃないかな。コーチ、監督陣は辞任程度じゃ足りないと思う。彼らも一生フィールドに戻ってこれないようにするか、なんなら刑務所行きでもいいぐらいだと思う。

こういう立場が上の人たちが責任逃れをするのはもう見飽きたよ。

ミヤガワがしっかりと自分のした行為に責任を持っているのは好感が持てるね。彼を雇いたいくらいだよ。

彼のとった行動は行き過ぎていたし、あの謝罪会見は自業自得だった。被害にあった少年は、下手したら一生車椅子で生活することになっていたかもしれない。

選手を脅すなんて、この監督は浅はかな考えの持ち主で、監督として最低な例えだね。

コーチ陣は、ほとぼりが冷めたらまた戻ってくる気なんじゃないの?

この少年がやったことは犯罪だし、他の記事によると彼はこの試合で他にも2つ反則をして退場させられたみたいじゃないか。彼が自身の行動に責任を持つことはもちろんだが、それよりもコーチ陣、日大そのものが責任を持つ必要がある。

もしこれが本当なら、彼がかわいそうすぎる。

先週NRLプレーヤーも殴って相手に眼窩骨折を負わせて出場禁止になったよね。ルールを守れないならフィールドから離れるべき。

アメリカ選手の中には卑怯なプレーをする人がたくさんいるよ。この彼はそれが間違いだと分かって行動に移した。世の中には選手にこういった汚いプレーをさせるコーチがたくさんいるし、いままでもたくさんいたはず。ただこの事件のように表沙汰にならなかっただけ。俺もこの卑怯なプレーの被害にあった犠牲者。膝を痛めて丸1シーズンプレーできなかったよ。この彼はコーチらと一緒に刑務所行きになってもいいぐらいだと思う。

こうやって声を大にして伝えるのはすごくいいことだよね。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/05/24(木) 21:45:30 ID:M2OTg1NjI

    以前にサッカー韓国と日本の試合で、何かにぶち切れて日本人選手に暴力を振るい、更に殴ろうとグラウンドを追い掛け回してた呆れた試合があったわけだが、その時の韓国の監督の言葉知ってる?
    韓国監督:日本が悪い!
    wwww

    (4) (4)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2018/05/24(木) 22:29:32 ID:Y1MjU2NTc

      ここで関係ない韓国出すあたり、ネトウヨって韓国大好きだよな

      (9) (1)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/05/29(火) 14:00:18 ID:Q0MzcyMTk

    ネトウヨは自分の発言を客観的に見ることを覚えた方がいいよ 笑

    (0) (0)

コメントをどうぞ