海外「フェデラー時代に生きてて良かった!」全豪OP優勝で20回目の4大大会制覇 男子テニス

  • 2018/1/29
  • 2

フェデラーがチリッチを破り20度目のグランドスラムタイトル戴冠

テニスのグランドスラムの1つである全豪オープン決勝が行われ、ロジャー・フェデラー(スイス)がマリン・チリッチ(クロアチア)を下し、自身20回目の4大大会制覇を成し遂げた

スコアは 6-2, 6-7(5), 6-3, 3-6, 6-1 だった

via:http://www.atpworldtour.com/en/news/federer-beats-cilic-for-australian-open-2018-title

海外の反応

地球は何10億年と昔から存在していて、なんとか時代っていうのをいくつも紡いできてるけど、このフェデラー時代はまだ終わらないな。

全豪6度目、グランドスラム20度目の優勝。シンプルに言って最高だ。

via:www.facebook.com

グランドスラム20回目の優勝なのに、このレジェンドはまだ涙を忘れない。このハングリーさなんだよな。

ノバクもナダルも同じだ。ナダルが全仏で優勝できないなんてことになればこの世の終わりを見ることになる。

みんな気づいてるだろうけど、ロジャーが半年間の休養を取ったあの時から新しい流れがテニス界に生まれたんだ。それ以前には、どんなトップ選手もそんなことをする勇気はなかった。それは、元のレベルまで戻れるか不確かだからだ。だけど、ロジャーの姿を見て多くの選手がロジャーの道を通ろうとしている。

成績だけがGOATの証じゃない。ロジャーがコート上で示しているこの輝きこそ、ロジャーがレジェンドたる所以だってことだ。

ロジャーが引退になったらガチで寂しい・・・。

批判の余地がない。

1セット目は退屈な試合になるかと思ったけど、めちゃくちゃ面白い試合だった。

36歳でこのプレーは容易ではないことは誰にでも分かる。信じられない。

なんてバカげた試合なんだ。2人とも最後の最後まで全く緩めてなかった!素晴らしい試合だった。

この時代に生きられて幸せだよ。

チリッチも極めて素晴らしい試合をしたよ。ロジャーにはこの上ない賞賛を送りたいし、チリッチの時代だってすぐそこまで来てる。

20回目の優勝だけど、まるで必死に初めてのタイトルを獲ろうかっていうようなプレーだった。

「ロジャーの涙がトロフィーを掲げた後も止まらなかった。ロジャーがどれほどの謙虚さと情熱でこのスポーツに向き合っているかを改めて思い出させる涙だった。ロジャーのファンでいられることはこの上なく特別なことだ。」

「この涙が全てを表している。」

「間違いなくこの男が最高。」

※訳者の感想
ロジャーの長期休養と劇的なカムバックは、多くの選手たちに新たな選択肢を与えたことは間違いないと思います。錦織も後に続いてくれることを期待しています。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無し : 投稿日:2018/01/29(月) 19:09:54 ID:kxNzUwNjg

    身体的才能だけじゃなく精神的才能も抜きん出てるよな。
    モチベーションの持続が普通じゃない。
    20回優勝してなお衰えぬ勝利への意欲。

    (5) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/01(木) 19:57:01 ID:IxODI0MTQ

    去年の全豪まではフェデラーとジョコビッチとナダルは同格(マレーは格落ち)だと思ってたけど
    フェデラーだけはちょっと別だったわ
    プレースタイルが衰えにくいってのもあるけどそれ考えても強すぎる

    (1) (2)

コメントをどうぞ