海外で子供を抱えたまま乱闘参加するサッカーファンに批判殺到!【動画あり】

  • 2017/10/21
  • 0

子供を抱えたまま乱闘参加のエバートンサポーターに出入り禁止処分

イングランド・プレミアリーグのエバートン(Everton)は20日、前日行われたサッカーヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2017-18)で子どもを抱いてオリンピック・リヨン(Olympique Lyon)の選手に暴行を加えたとみられるファンに出入り禁止処分を科した。

 この試合の後半途中、エバートンのアシュリー・ウィリアムズ(Ashley Williams)がリヨンのGKアントニー・ロペス(Anthony Lopes)を押したことで大乱闘が発生した。

 小競り合いの場がピッチ脇の広告看板のそばに移ると、子どもを抱えた男がロペスの頭を押し、さらにたたこうとしていた。

via:http://www.afpbb.com/articles/-/3147547?cx_position=4

海外の反応

「お父さん、初めて僕をサッカーに連れてってくれたときに話を教えてよ」

「いいかい息子よ、あれはヨーロッパリーグの試合だった。そして父さんは相手選手と乱闘して出入り禁止処分になったんだよ。だから今は違うチームの応援をしているのさ」

なんて可愛そうな子供なんだ。サッカーグラウンドに行くたびに一生この話をされるんだろうね

この子がエバートンを救う日がくるかもしれない

そうなったらマーベルヒーローみたいな話だね!

その映画のタイトルは「エバーマン」

こんな行為をする人間を絶対許しちゃダメだ!

ニース、ニース、ニース

リヨン、リヨン、リヨン

PSG、PSG、PSG

ドルトムント、ドルトムント、ドルトムント

そんなこと言ってもこの残念な男はこの先もリバプールに住み続けないといけないんだよ

この子供も出入り禁止なの?

もしそうだったらエバートンはイカれてるね

この子供もこそが黒幕らしいよ。あの拳を操ってたのはこの子なんだって。

あの子はフォースを使って父親を操ってたのさ

生涯出入り禁止処分は妥当だね。でも実際のところ生涯出入り禁止ってどういう意味なんだ?どうせ数年後には警備員はこの男には気づかないでしょ

イングランドは知らないけど、スコットランドでは出入り禁止処分を受けたら地元警察に試合の時間どこにいたかを毎回報告しないといけないんだよ。

それは警察が捕まえた悪質なフーリガンだけだよ。クラブの出入り禁止処分の場合はどうかはわからないよ

イングランドも同じだよ。ただ、クラブからの出入り禁止処分と警察からの出入り禁止処分は違うからね。

これが初犯だったら警察は注意するだけだろうね

アメリカの場合は、出入り禁止処分=クラブの要注意リストに乗ることを意味するから、もしその状態で試合にきたら警察に通報されて、懲役もしくは罰金刑になるよ。

うちの隣に住んでるユナイテッドサポーターは、ヨーロッパリーグのアウェイゲームの前にはいつも警察が来てパスポートを取り上げてるよ

あれ?ヨーロッパに行くのにパスポートがいるの?

イギリスはシェンゲン協定域外だからどこ行くにもパスポートがいるんだよ

この男はもう終わったね。子供を巻き込んだから警察も動くし、母親は子供を父親に近づけないようにするだろうし。
子供も妻もクラブも失うんだよ。

たぶん子供にカッコイイところを見せようとしたんだろうね

酔ってたのかな?

当たり前じゃん。乾杯

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ