海外 「マレーが激怒?!」エヴァンスがコカイン陽性反応で謝罪 復帰の目途立たず

  • 2017/6/25
  • 2

エヴァンスにコカイン陽性反応

アンディ・マレーに次ぐイギリスNo.2の男子テニス選手、ダニエル・エヴァンス 27歳(世界ランキング50位)に、今年4月のバルセロナ・オープンの際のドーピング検査でコカインの陽性反応が出ていたことがわかった。

この件についてクイーンズクラブで会見を開いたエヴァンスは、「沢山の人達をがっかりさせてしまった。家族、コーチ、チーム、スポンサー、英国テニス界、そしてファンの皆さん。私にはただ心の底から謝ることしかできません。」と検査結果を認める内容のコメントをし、報道陣の質問に答えることなく会見会場を後にした。

エヴァンスには6月26日から出場停止の仮処分が下されるが、復帰の目途は立っていないという。

via:http://www.itftennis.com/news/263066.aspx?utm_source=facebook.com&utm_medium=referral http://www.tennisworldusa.org/news/news/Tennis_Stories/44694/dan-evans-shocker-i-failed-a-drug-test-i-ve-let-everyone-down-/

海外の反応

コカインて!

うわあ、アスリートの薬物問題ってアーティストの薬物問題よりも印象悪い。

ここまでのキャリアをパーにしないように、これからどうするかが問題。

マレーが激怒!

あんまりがっかり感がない。彼ならやりかねないかなと思ってしまった。

しばらく休んだら戻ってくるでしょ。

エヴァンスがツイッタ―のアカウントを削除したぞ。
批判は受け付けないってことか、情けないやつだ。

きっと付き合う女を間違えたんだ。
コカインは自分で欲しなくてもひょんなことから出会ってしまうってこともある。

出会ってしまっても手を出すか出さないかは自分の選択だよ。

コカインか~、イメージ悪いな。

ガスケのようにコカインの常習者とキスしてコカインが移ったってことはないの?

エヴァンスのタトゥーに刻まれた言葉
「全ての聖人にも過去がある。全ての罪人にも未来がある。」

この罪人の未来は明るいのかなあ。

永久追放でいいんじゃない?

ウィンブルドン欠場は間違いないね。
休んでいる間はまず荒れた鼻の粘膜を労わって、あと身体も労わって、トレーニングに励むと良い。

びっくりするニュースではない。だってエヴァンスだもん。

僕もこんなこともあるだろうなとは思ってたよ。

テニス界にドラッグが蔓延してるってこと。

ガスケの時のとは違うよね。本人認めてるし、常習者だ。

チリッチも調べた方がいい。

ドーピング検査はみんな受けてるよ。

コカインはアスリートとしてのパフォーマンスを上げるような薬物ではない。
その辺にもがっかり。

コカインはドラッグの中の地獄。

私の予想だと2年間の出場停止ってとこかな。

月曜日から既に謹慎期間だったんじゃないの?
そうだね、2年ぐらいが妥当だね。

お前はヒンギスか!

コカイン陽性って聞いても全然驚かなかったわ。
見た目がロンドンの地下鉄で見かけるジャンキーみたいだもん。

ドーピング検査のシステムがしっかり機能を果たしていることがわかってよかった。

コカインもアルコールも同じようなもんだと思うけどね、規則は規則だから、ペナルティは受けるべき。

4月のバルセロナ・オープンのドーピング検査の結果が今出るの?

結構時間かかるんだね。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/06/25(日) 06:25:06 ID:gyODE0MTI

    旭日旗ニダ!

    (2) (1)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/06/25(日) 13:48:33 ID:U4MDgzNjY

    ドーピングなど薬物大嫌いなマレーがいる国でやってしまったな
    どうにもはっきり認めているようだし20代中頃を過ぎて伸びてきた感じがあったのに残念

    (3) (0)

コメントをどうぞ