海外「燃え尽きた」ナダルがウィンブルドンに備えAEGON欠場で陳謝

  • 2017/6/15
  • 1

ウィンブルドンに備えての休養

全仏オープンで優勝した世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が、ウィンブルドンに向けて休養を取るため、19日からイギリスのクイーンズ・クラブで行われるAEGON選手権を欠場すると発表した。

ナダルは自身のフェイスブックで、「残念ながらAEGON選手権を欠場するという決断に至りました。今までウィンブルドンで決勝まで残った時は必ずAEGON選手権出場後でした。しかし31歳になった今、クレーコートシーズンという長丁場を感動的な全仏オープンで終えてみて、チームとドクターとの話し合った結果、ウィンブルドンに備えて身体を休める事にしようと自ら決断しました。イギリスのファンの皆さん、そして大会を運営して下さっている皆さん、本当にごめんなさい。」とコメントした。

via:https://www.facebook.com/Nadal/posts/10154900641836026 http://news.tennis365.net/news/today/201706/114977.html?_ga=2.11876535.2078960219.1497474412-425409611.1484535259

海外の反応

ってことはナダルのウィンブルドン出場は決定だね。

ウィンブルドン前に負けたくないから休むんでしょ。

別に驚くようなニュースじゃない。ここで休養は賢明な判断。

マレーの6度目のクイーンズ優勝が見えてきたなあ。

そりゃ絶対ここで休むでしょ。
長い長いクレーシーズンを終えて、全仏であんな偉業を成し遂げて、ウィンブルドンでモチベーションを頂点に持っていくにはここで休養が必要。

良い決断だよラファ。僕はロンドン在住で、君が来るのを心待ちにしていたファンの一人だけど、なにより一番のプライオリティは君の健康だからね。ゆっくり休んでウィンブルドンで暴れ倒してくれ。

謝ることなんてない。テニスファンは君のテニス界への貢献をしっかり理解しているよ。

AEGON選手権はナダルの名前を使ってかなり宣伝してたし、ナダルのおかげでチケットもだいぶさばけた。

その点ではこれは悪いニュース。

やっとやっと生まれて初めて今年ウィンブルドンのチケットが取れた!
センターコートで君のプレーを見るのを楽しみにしてるよ。
ラファ、しっかり休んで!

ラファ、私たちはずーっとあなたの味方です。それだけは忘れないで。

ラファらしい、律儀なメッセージだなあ。

この判断は正しい。

戦略として理解はできる、だけどナダルがクイーンズに来ないなんて悲しすぎる。

燃え尽きちゃった?

クレーからグラスに移行するのに負担がかかって怪我しないか心配。

我々が先週のラファから与えられた感動はとてつもなく大きい。

いい判断だ。
今年彼は最高のパフォーマンスを見せてくれたし、結果も残した。ランキングも上げたし、ポイントに固執する必要もない。

パーフェクト・フィットしたラファをウィンブルドンで見たい。

休むのは良いアイデアだと思う。
グラスコートは膝に良くないし、ここで怪我したら勿体なさ過ぎる。

全然謝らなくていいよ。
10度目の全仏優勝、ほんとにすごいよ!

ラファとロジャーがグランドスラムをまた持って行くなんて、今年の初めに誰が想像しただろうか?

私たちは夢の中に居させてもらってる。

メンタル的にもフィジカル的にも完全な状態でウィンブルドンに現われてほしい。

セリーナはこれをいつもやってるよ。
グランドスラムだけ出場して、他は出ない。
ラファの欠場の理由は正当性のあるものだと思いたいね。

とてもスマートな選択だね。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/06/16(金) 01:08:09 ID:k3MDM4NjI

    クレーに完全適応だったから、急激な環境の変化は良くないがゆえにこの結果は予想出来たな。
    ところで、膝に良くないのはグラスでもクレーでもなく明らかにハードだと思うんだけども。

    (0) (0)

コメントをどうぞ