【海外の反応】フェデラー全仏欠場は正しかったのか?本当にウィンブルドンで再復活なるか?男子テニス

  • 2017/5/22
  • 5

ロジャーの決断は正しかったのか?

テニス男子シングルスで全仏オープン欠場を表明しているロジャー・フェデラー(スイス)について、クレーシーズンに全く出場しないという決定が正しかったのかという議論が起こっている

特に現在行われているイタリア国際で連勝記録がストップしたラファエル・ナダル(スペイン)に加え、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やアレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)なども順調に調子を上げていることが、テニスファンには懸念材料になっているようだ

via:https://twitter.com/search?src=typd&q=%23rogerfederer

海外の反応

「GS18度優勝のフェデラーが全仏をスキップ。おれも全仏見るのやめる」

ちょっと思っただけなんだけど。ラファ、ジョコビッチ、ティエム、ズベレフが続々と調子を上げてる中で、ロジャーが全仏をスキップするって決めたことは妥当なのかな。35歳のロジャーは好調な彼ら相手にぐったりしちゃうんじゃないか?

vsティエム・ズベレフならフェデラーにとって苦がないでしょ。

ロジャーのプレースタイルから言ってもズベレフやティエムに困らされるとは思えない。

おれは決断間違ったなと思ってる。正直に言って、マイアミではベルディヒとキリオスに追い込まれ、インディアンウェールズではキリオスに圧勝、ソックにもワウリンカにも勝ったんだし。

マイアミでのラファはまるで2013年のようだった。

ウィンブルドンまでは分からんよ。

例え今年はもう1勝もできなくなったとしても、全仏をスキップしたのは正解だと思う。

若手にはクレーでどっぷり疲れて戻ってきてもらおう。

ウィンブルドンで優勝すれば正しい決断だったと言える。負ければ最悪の決断だったってことになる。

フェデラーが全仏に出ることになれば、それは「これで全仏は見納め」ってことになってたはずだ。

全仏でロジャーが優勝するのは極めて難しいと思う。ウィンブルドンへ向けて準備するのが最良の選択肢だ。

どうせこれ以上GSで優勝はできないから、どうでもいいよ。

ティエムとズベレフについては、クレーでタイトルを取れるレベルにでもならなければ全仏タイトルを獲る段階ではないから、ロジャーにとって気にする相手でないよ。

このロジャーの決断が正しいかどうかは、少なくともウィンブルドンが終わるまでは待たないとわからないよ。コンディションの問題もあってみんな全仏のことしか話しの仕様がないし、クレーでは怪我も起こりやすいからそれも心配だし。

もしフェデラーが全仏に出て怪我でもしようものなら、影響はウィンブルドンでは留まらないしね。

疲労から来る怪我の恐れがあるなら、どんな大会でもスキップする決断はすべきだと思う。

フェデラーの調子の良さなら全仏だって戦えた。心配なのは半月板だ。

不安があるならスキップする。この決断は必要があれば繰り返すべきだ。

スキップ、ということに関しては既に答えはでてる。2016年に半年欠場して2017年の全豪で勝ったんだから。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/22(月) 12:25:25 ID:I0NzE0ODU

    前人未到の記録が掛かってるから仕方ないだろ
    元々コートも会場の客の民度もフェデラーの好みじゃないから乗り気じゃないし

    (4) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/22(月) 20:38:02 ID:I4Njk4Mzg

      最近テニス見始めたんだけどやっぱり会場によってお客さんの感じとかも違うんだ?

      (0) (0)
      • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/22(月) 21:22:07 ID:AyNjEyNTk

        ホームとアウェーがあるのはどの国でもそれこそどのスポーツでも存在するけど、相手選手のプレー妨害を平気で行うなどほぼ全ての国から最低最悪の国と観客と評されるくらいフランスは最悪。

        (5) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/22(月) 19:13:55 ID:Y3MjI5MTM

    全英に全力で臨んでくれればいいだろ。全豪のときみたいな完成度なら勝てる選手いないだろ

    (6) (0)
  3. 名前:Geralyn : 投稿日:2017/06/05(月) 19:12:31 ID:M4MDkxODc

    This is a most useful cotoiibutrnn to the debate

    (0) (0)

コメントをどうぞ